「30代女性の勘違い」そこに結婚を遠ざける理由がある


*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:
yjimage181.jpg
*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

「いつか普通の人と結婚したい」
一見控えめに思える発言ですが、
こんな風に考えながら婚活に苦戦している30代女子が多いんです。

「自分はイケている女の部類」
「自分の市場価値」を勘違いしている可能性があります。

知りたくはないけどこれが現実。
現状に目を向け、あなたの婚活市場で「勝ち組」になる秘訣を探りましょう。

1.「35歳」婚活市場価値暴落説

「30代婚活女子のゾッとする市場価値」では、「30代婚活女子」がやりがちな間違いは?
耳が痛い、30代婚活女子の計算ミスがこちらです。

その1:自分の市場価値の過大評価

「仕事が出来る」
「美容への意識が高い」
一見100点の女性も、婚活市場では30点...
男性が求めるのは「癒し」

その2:相手の市場価値の過小評価

30代婚活女子のゾッとする市場価値。

女性が男性に求める年収の1位は「600万円以上(4割弱)」
実際に600万円以上の男性は5%にもみたない。
30代女子が「普通」と思っている事は、実はハードルが高い。

その3:狙うべき男性像の見誤り

「普通」と思っていた「同世代」「年収600万円以上」。
「同世代」の男性すら、次々売れて市場から減っていく一方。
不特定多数との出会いより、きちんと出会いたい人に出会うチャンスを逃さない様に。

「恋愛均衡説」と言う、
「男女はそれぞれの市場で同程度の価値がある人と結びつくルール」があるそうです。
いくつになっても憧れる「シンデレラ」ストーリーはやっぱり夢物語かも。
35歳独身女子は、「年収250万円フリーター」と同価値なんだとか...!?

2.結婚するためのポイント

ショックな内容をお届けしましたが、市場価値に合った「お嫁さんにしたい」
と思わせる女性になれれば、最終的に勝ち組。
「結婚したい」と思わせるには、最低限このくらい身に着けましょう。

(1)料理上手

昔から「胃袋を掴む」と言われる様に、料理上手は女性の武器のひとつ。
冷蔵庫の余り物でチャチャっと料理出来るくらいの腕を磨いてください。

(2)堅実さ

デートの度に違う服を着たいのが女心。
でも、「この人浪費癖がありそうだな...」と思わせてしまうと、男性は引いてしまう。
流行りの服も良いですが、流行に左右されないベーシックな服も持ってください。

(3)マナー

言葉遣いが汚い女性はもちろん、箸使いが汚い女性も、
結婚を真剣に考える男性は「親に会わせづらい」と思うのは当然。
最低限のマナーは30代なら押さえてください。

結婚適齢期は人それぞれです。
「結婚する」事はゴールでもありません。
素敵な人と幸せになれる様に、
「現状把握」&「自分の市場価値」
これらを高めてみてください。

何かがかわるかもしれません。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:
yjimage182.jpg
*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

PageTop